top of page
検索
  • 多田真悠

幼児安全法支援員養成講習の話


幼児安全法支援員養成講習を受けてきました。

たった三日の講習ですが、ほぼ一日授業を受けているので、結構濃密な三日間を過ごせます。

自ら申込み、(実費だけとはいえ)費用を払ってまで、受けに来る人たちの集まりなだけあって、皆、不器用ながらも一生懸命。たった三日の講義だけで、看護師や医師の方たちのように人を救えるとは思いませんが、いざという時に、多少は役に立てたらいいな、と。

最近のAEDは、電源を入れれば、きちんと使い方をアナウンスしてくれますが、事前に使い方を習っておいて損はありません。だって、心肺停止をしている人を前にして、平静でいれられるわけがないし、そんな極限の精神状態で、医療素人が機械のアナウンスを落ち着いて聞いていられるとは思えないからです。指導員の看護師の方が(憎々しげに)仰っていましたが、交通量の多い場所や、何もしてくれないのに野次だけは立派に言ってくるやじ馬たちの声を掻き分け、AEDのアナウンスを聞きとらなくてはならないのですから。(あの忌々しげな様子から察するに看護師の方はきっと色々な思い出が……)

都合のつく方は、赤十字の講習を受けてみてはどうでしょうか。

#雑記

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今後は、noteにお客様の対応事例などの記事を更新していきます。 PC家庭教師Sakura|note

2020年1月に出産しましたため、2020年7月ごろまで、ご依頼をお受けすることができません。 どうしても緊急のご依頼の場合、4月以降であれば、ご相談の上、お受けできるかもしれませんので、一度メールまたは電話にてお問い合わせください。 ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

最近の近況という名の宣伝の話。 毎週お伺いしている、あるお客様のご希望は、「やりたいことをやりたい分だけ」。 市販のテキストも用意したのですが、当日お伺いをしてから「今日は○○をやりたいの」とご希望があれば、そちらを優先して授業を行います。 なので、ある週はCDレーベル印刷を。ある週は動画をPCに取り込む方法を。ある週はインターネットで調べ物を。と時間分だけ、やりたいことを一緒にやります。復習も

bottom of page