検索
  • 多田真悠

救急法の話。


日本赤十字社の「赤十字救急法救急員」の講習を受けてきました。

みっちり三日間、AEDや三角巾を使った救命処置の実技練習や講義を受けられます。

日赤のマークの入ったポシェットと三角巾二枚にテキスト二冊・人工呼吸のマスクなどがもらえてお得(?)です。(実費で、これらのグッズの代金は払っているんですけどね)

履歴書などに書くような資格としての意味はあまりないですが(三日間の講習+ほぼ全員が受かる簡単なテストでもらえる認定証なので)、いざという時の知識や技術を習得という意味では、とても意義のある講習だったと思います。

いくら、音声アナウンスが流れるとはいえど、やっぱり使ったことも見たこともない機械(AED)を厳しいタイムリミットのある緊急時に、冷静に正しく使えるかと言ったら、医療従事者ではない一般人には難しいと思います。なので、事前に少しでも、救命処置の流れなどを体験しておくのは良いことかなと。

まあ、実際には、何もないのが一番なのですが!

スマフォに、現在位置や指定をした場所の近くにあるAEDの配置場所を教えてくれるアプリも導入して、なんかもう3人くらい救ったような心地になってますが、特別何かあったことはありません。

AEDの配置場所を教えてくれるアプリは複数あるので、気に入ったもの/お持ちのスマフォで動作するものを導入してください。実際に調べてみると、駅の近くなどに思った以上にAEDが置かれていることがわかります。越谷駅の近くはびっくりするくらいありました。

AEDはきちんと心臓の動きを検知して、動作が必要なければ決して動きません。なので、意識不明の人を見つけたら、とにかくAEDを使ってほしいそうです。ですが、実際に使われることはまだまだ少ないようで……。

知識や資格は一回覚えた・取得しただけでは意味がありません。

講習でいただいたテキストを時々読み返して、忘れないようにしたいと思います。

#雑記

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

通常価格に戻しました

緊急事態宣言からずっと学生さんを対象に割引を行っておりましたが、緊急事態宣言が終了しましたので割引を終了致します。 リモート対応は引き続き行いますので、リモートをしてみたいけど設定ができない等ありましたらお気軽にご相談ください。

ご依頼受付再開いたします。

6月より対応時間を短縮して、ご依頼の受付を再開いたします。 ご依頼対応時間:10時~16時 現在、0歳と3歳の子育て中のため、あまり急なご依頼には対応できません。ご依頼には時間の余裕をもってご連絡いただけますと幸いです。 ご訪問の際には必ずマスクをして、必ずPCに触るので手をアルコール消毒してから対応していきます。その他、コロナ対策の上でご自宅に上がる前に対応してほしいことなどありましたら、お気軽