top of page
検索
  • 多田真悠

救急法の話。


日本赤十字社の「赤十字救急法救急員」の講習を受けてきました。

みっちり三日間、AEDや三角巾を使った救命処置の実技練習や講義を受けられます。

日赤のマークの入ったポシェットと三角巾二枚にテキスト二冊・人工呼吸のマスクなどがもらえてお得(?)です。(実費で、これらのグッズの代金は払っているんですけどね)

履歴書などに書くような資格としての意味はあまりないですが(三日間の講習+ほぼ全員が受かる簡単なテストでもらえる認定証なので)、いざという時の知識や技術を習得という意味では、とても意義のある講習だったと思います。

いくら、音声アナウンスが流れるとはいえど、やっぱり使ったことも見たこともない機械(AED)を厳しいタイムリミットのある緊急時に、冷静に正しく使えるかと言ったら、医療従事者ではない一般人には難しいと思います。なので、事前に少しでも、救命処置の流れなどを体験しておくのは良いことかなと。

まあ、実際には、何もないのが一番なのですが!

スマフォに、現在位置や指定をした場所の近くにあるAEDの配置場所を教えてくれるアプリも導入して、なんかもう3人くらい救ったような心地になってますが、特別何かあったことはありません。

AEDの配置場所を教えてくれるアプリは複数あるので、気に入ったもの/お持ちのスマフォで動作するものを導入してください。実際に調べてみると、駅の近くなどに思った以上にAEDが置かれていることがわかります。越谷駅の近くはびっくりするくらいありました。

AEDはきちんと心臓の動きを検知して、動作が必要なければ決して動きません。なので、意識不明の人を見つけたら、とにかくAEDを使ってほしいそうです。ですが、実際に使われることはまだまだ少ないようで……。

知識や資格は一回覚えた・取得しただけでは意味がありません。

講習でいただいたテキストを時々読み返して、忘れないようにしたいと思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

stand.fmでも更新しています

noteに更新しているラジオをstand.fmでも更新するようにしました。 どちらでも聞きやすい方で聞いてやってください。 stand.fmのURLはこちらです。 stand.fm PC家庭教師Sakura

ラジオを始めました

越谷市の図書館の雑誌スポンサーになりました。(手続きをして、きちんとお金を払えばだれでもなれます) 越谷市四か所にある雑誌にこちらの広告を張り出してもらっています。 広告のおかげで、サイトの閲覧者は増えたのですが(ありがとうございます!)、実際にお問い合わせまではいかず……。 そこで、私の話す感じや雰囲気とかが伝わればと思い、一回十分程度の小さなラジオを更新していくことにしました。 ラジオはnot

noteに記事を更新します

今後は、noteにお客様の対応事例などの記事を更新していきます。 PC家庭教師Sakura|note

bottom of page